サツマイモの収穫!時期や試し掘りの目安は?大きくするには?

サツマイモの栽培をした時に楽しみなのが収穫の時。
子供たちと一緒に土を掘ったり引っ張ったり。
あれが楽しいんですよね。

ただ実際、サツマイモの収穫って時期を見極めるのが難しいです。
葉っぱが枯れ始めたら収穫のサインとはいいますが・・・。

一応植え付けから4ヶ月って言いますけど、実際ちゃんとした目安って何でしょう?
やっぱり試し掘りでしょうか?

Sponsored Link

サツマイモの収穫時期の目安は?

サツマイモの収穫時期は品種により異なりますが、基本的には植え付け4ヶ月後には収穫という目安があります。
大抵の品種は5〜6月に植えつけるので、収穫は9〜11月頃ですね。

ただ地域にもよります。
例えば北海道で11月だと完全に霜が降りてしまいます。
私のところではベニアズマを6月に植え付けて10月に収穫しましたが、ちゃんと成長していましたよ。

収穫時期の見た目での目安としては「葉が枯れ始めたら」とよく言われていますが、実際には日照時間などが関係するのでこれは一概には言い切れないそうです。

[icon image=”point-b-bk”]絶対に守らなくてはいけないルールは、霜が降りる前に収穫すること。
サツマイモは低温に弱く、芋が腐ってしまいます。

また収穫が遅れると味が落ちてしまいますし、芋が大きくなりすぎて割れてしまうこともあります。
一番確実なのは、やはり植え付け後4ヶ月頃を目安に一度試し掘りをして確認してから収穫することでしょう。

Sponsored Link

サツマイモの収穫方法は?試し掘りって何?

試し掘りとは、蔓や芋を傷つけないように土をよけ、芋の状態を確認することです。

収穫に適した大きさは品種や好みによりますが、だいたい25センチ程度まででしょうか。
試し掘りでまだ小さいと思ったなら、2週間待ってから収穫しましょう。

収穫は晴天が続いた日に行い、まず蔓を地上15センチほど残して切り落とします。
株から20センチ以上離れたところにスコップを入れて土を掘り、芋を引き抜きます。

Sponsored Link

芋は一個ずつバラしてから1日天日に当て乾かし、保存します。
掘った芋は直ぐに食べず、1ヶ月ほど寝かせたほうが美味しくなります。

サツマイモの保存方法と熟成のやり方は?

保存する場合は日に当てた後、洗わず一本ずつ新聞紙に包んでダンボールに入れ、冷蔵庫の上に置いておけば結構持ちます。
冷蔵庫や寒い所、ビニールに入れると腐ったりカビが生えたりするので注意しましょう。

逆に温かいところや日の当たる場所だと発芽してしまうので、13度前後の日の当たらない場所というのが保存の条件ですね。

サツマイモを大きくするには?

サツマイモは大きいほど収穫した時に子供が喜びます。
でも、実際には大きいほどいいというのは間違い。
大きすぎると味が落ちるんですよ。

とはいえ、ある程度の大きさは欲しいですよね。
芋をちゃんと太らせるコツは、天候、つまり日照時間夏場の水やり、それから追肥です。

8月ごろは芋が肥大する時期で、この時に天候不順で日照時間が不足したり、水不足による乾燥状態になると芋の生育に影響が出ます。

またサツマイモは窒素固定菌を共生させている植物です。
その為、うかつに窒素系の追肥をすると窒素過剰で蔓ボケを起こし、逆効果になってしまいます。
追肥はカリを与えるか、サツマイモ用肥料を与えて下さい。

夏場の日照不足はどうにもできませんが、水やりと肥料ならコントロールできるので、この辺りは注意したいですね。

ちなみに栽培期間が下手に長いと芋が巨大化して味が落ちてしまいます。
植え付け4ヶ月後に収穫がベストです。

まとめ

実は私、サツマイモは収穫した直後に食べちゃいけないってこと、知りませんでした。
いや、食べられることは食べられるんですけどね。

収穫直後に食べるサツマイモってゴリゴリして甘みも無くてイマイチ。
大学芋にして味付けて食べましたが、今考えると勿体無いことしましたね〜。
次からは、収穫した後に熟成させてから食べようと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする