かいわれ栽培は簡単?カビや匂いが出る?上手な育て方は?

先日、行きつけの市場で八百屋のおばちゃんが言っていました。
「かいわれ大根はね〜、根っこ付いて売ってるから食べた
後で水につけときゃまた生えるのよ」

さっそく買ってきたかいわれ大根を食べた後、残った根を
水に漬けておいたら。

・・・腐りました。
う〜ん、何がいけなかったのか・・・。
そういやあ、もやし作ろうとした時も同じ失敗をしたような。

やはり敗因はリンス不足?


スポンサーリンク

かいわれを育てるお勧めの道具は?

用意するもの

●スプラウト用の種
●水切りネット
●ミニザル付きボール
●遮光用の紙の箱か紙袋

まず種ですが、スプラウト用を必ず買いましょう。
普通の栽培用だと薬品が使われている可能性があるので避けたほうが無難です。

水切りネットは台所の三角コーナー等に使うやつです。
穴の空いたビニールタイプよりもネットタイプの方が使いやすいですよ。

ミニザル付きボールは100円ショップで売っています。
水切りボール
要はザル付きで手頃なサイズのものであれば何でもいいのです。

遮光用の箱や袋は発芽〜4日目まで使います。
通気性重視なので、プラスチックの蓋やビニール、アルミホイル等は避けましょう。

かいわれの簡単栽培方法

[colored_box color=”green” corner=”r”]1)種を一晩水に漬ける
2)容器に水切りネットを敷いて種を並べ、軽く水に浸かる程度にし、遮光する。種は朝晩水ですすぐ。
3)発芽後は根の部分を朝晩すすぎ、水を切る。[/colored_box]

栽培6日目以降は遮光をやめて窓辺などに置き、日に当てます。
大体9日目くらいで収穫できますよ。

Sponsored Link

かいわれ栽培をしていたら匂いが凄い!何故?

かいわれが匂うケースは2つあります。

1)発芽時に匂う
どういうわけか、かいわれ大根って発芽するとき独特の臭い匂いがします。

Sponsored Link

別にこれは腐敗していないので大丈夫ですよ。
腐敗臭とは明らかに違うので気にしないでください。

2)腐ってる
これは、水を入れ過ぎるとよくあるケースですね。
種の時は水をひたひたにしますけど、発芽後は水に漬ける必要はないんです。

あと、1日朝晩2回すすぐのは鉄則です。
こんな時、ティッシュやスポンジだと面倒なのですが、水切りネットやザルだとすすぎやすいので衛生管理がとても便利です。

スポンジ栽培で何度腐らせたか・・・。

すすぐ際には、ボールの水を一度捨てて綺麗な水を入れてからザルを戻し、優しく揺する程度にしてください。で、すすいだ後は水を入れ替えて終わり。
発芽後の場合は水を入れず、水切りだけで終わらせます。

これなら1日2回のリンスも苦になりませんし、匂いも出ません。

かいわれ栽培でカビが!どうやったら防げる?

[icon image=”point-b-bk”]水を入れ過ぎないこと。
過湿はカビの原因となります。
それから、毎日朝晩2回すすいで、水を切ることです。

根は別に水に漬けなくても、ある程度湿気があれば枯れません。
逆に常に根を水につけておくと根腐れを起こしやすいです。

[icon image=”point-b-bk”]カビを防ぐには風通しの良い場所で栽培すること。

カビは空気の淀んだ状態で発生しやすくなります。
ある程度湿気が多くても、空気が常に動いていればカビはそうそう発生しません。

初心者の場合、かいわれ栽培は夏場を避けたほうがいいでしょう。
気温が高いとカビだけでなく腐敗もしやすいです。

あと余談ですが、かいわれの葉に黒い点が付いていることがあります。
あれは種に傷が付いた際に、種子の中の葉も傷ついてできたもので、心配はありません。

ただ、日にちが経って葉が痛むと増えていくので、あまり黒くならない内に食べきったほうがいいですね。

まとめ

かいわれ大根の賞味期限は、おおよそ1週間。
プラスチックのケースは横にせず、開封後はビニール袋を被せるかラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。

葉に黒い点が多かったり、葉の端が黄ばんできたりしている場合は劣化のサイン。
すぐに食べきってしまいましょう。

食べ方はサラダや味噌汁に浮かべるのもいいですが、私はドライカレーに乗せて食べたり納豆と一緒に食べたりします。結構美味しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする