生ごみ堆肥の方法は?庭に埋めるだけ?匂わない作り方は?

生活すると必ず出るのが生ゴミ。
野菜果物が大好きな我が家は毎日沢山出ます。
これを燃やせるゴミに出すのは大変。

夏場は臭いしコバエも出ます。
そこで雪が溶けたら庭にいつも埋めています。
これなら堆肥になるし一石二鳥!

しかし旦那から反論が。
庭にゴミ埋めても堆肥になるのか?
コンポストとか色々手間かけるじゃないかと。
ただ埋めるだけで本当に大丈夫かと。

そういえば、考えたことなかったな・・・。


スポンサーリンク

生ゴミを庭に埋めて堆肥にできるの?

大丈夫、なりますよ。
時間はかかりますけどね。

家庭菜園で本格的にやる場合は畝を作ります。
1:深さ20センチの畝溝を作る
2:生ゴミを溝に入れて土とよく混ぜる
3:土を被せて1ヶ月放置する

1か月後には畝溝の真上に野菜や花を植えられます。
畝を作っておけば埋めた場所が分かりやすいですよね。
順番に栽培と生ごみ処理用の畝を使い分けます。

私は単に庭の端から穴掘って順に埋めてますけどね。
生ゴミ処理したいならこれで十分ですよ。

注意点としては

●生ゴミは野菜くずなど植物中心に
●出た生ゴミはその日のうちに埋める
●深く埋め過ぎない
●植物を植えるのは一ヶ月以上たってから

これらの注意点を守らないと生ゴミが分解されません。
悪臭や虫の原因にもなります。

一ヶ月以上おくのは窒素飢餓のため。
微生物が分解する時に増える際に窒素使うんです。
一ヶ月後なら微生物も死ぬので窒素は大丈夫。
気になる方は窒素肥料を追加してください。


生ゴミ堆肥の作り方の種類とそれぞれの特徴は?

生ごみ堆肥には乾燥型と微生物分解型があります。

乾燥型

電動処理機で乾燥させます。
単に乾燥させただけなのでその後熟成処理が必要です。

微生物分解型

二種類あります。
嫌気発酵菌利用好気発酵菌利用のものです。

◯嫌気発酵菌は乳酸菌等を利用。
この場合密閉した専用容器を使います。
嫌気発酵は最終的に好気菌による処理が必要です。

大抵は好気発酵利用ですけどね。

◯好気発酵利用の種類です。

1)庭に埋めるコンポスター
2)ダンボール箱コンポスター
3)バイオ型電動処理機

好気発酵菌の場合は分解速度が早いです。
生ゴミの量も目に見えて減ります。

コンポスターは庭に専用容器を埋めます。

大量に生ゴミの出る家庭向き。
冬に使えないのが難点です。

ダンボール箱は費用がかからないのが魅力。

Sponsored Link

屋内に設置すれば冬でも使えます。

バイオ型電動処理機は匂いも手間もありません。

ただし高価で維持費もそれなりにかかります。

匂いと虫が!生ゴミ堆肥のデメリットとその対策法は?

生ゴミ堆肥のデメリットは匂いと虫。
主な原因は水分過多です。

良い堆肥を作るためには水分60%が理想。
多すぎると酸素不足で嫌気性発酵になります。

こうなるとアンモニア臭が出て臭い!
そしてウジが湧きやすくなります。

しかし水分が少なすぎると微生物が活動できません。

ではどうする?
落ち葉や籾殻、乾いた土などを混ぜて水分調節します。
また好気性菌は空気を必要とします。
酸欠を防ぐため毎日撹拌することが大切です。

良い肥料にはph調節も必要です。
コンポスターなどの容器を使っている場合は要注意。
有機酸が発生してphが低下します。
石灰窒素で調整します。

石灰窒素は殺虫効果もあります。
生ゴミ1キロあたり10g程度混ぜ込みましょう。
ただし入れ過ぎるとアンモニアが増えて逆効果。
また散布時に吸入すると頭痛やめまいを起こします。

悪臭防止に生ゴミと牛糞を混合する方法も。
ただし生ゴミが半分以上だと効果が低いです。
また熟成不足の牛糞はそれ自体が臭います。

まとめ

生ゴミ堆肥に向くもの
●野菜くず
●小さい魚の骨や卵の殻
●茶殻やコーヒーかす

スイカやメロンの皮は小さく切ったほうがいいです。

分解されづらいもの
●動物の骨や魚の大きな骨
●貝殻
とうもろこしの芯とかもずっと残ってる・・・。

肉や魚、油脂系はカラスや猫に荒らされます。
臭いし、やめたほうがいいです。
朝起きたら庭が穴だらけだったことありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする