ダンボールコンポストで失敗する理由は?温度不足?虫や臭い対策は?

ダンボールコンポストは簡単です。
容器はダンボールから作れるし、必要な基材さえあれば生ゴミが肥料になる!
屋内でできるから冬でも大丈夫!

庭で生ごみ堆肥を作る方法

そう思って初めてみたもの温度が上がらないし、何か虫がいる〜。
そもそも臭い!

これって何とかならないの?
よくあるトラブルの解決法は?

Sponsored Link

ダンボールコンポストで温度が上がらない原因は?

温度が上がらない原因は?

1)酸欠
2)栄養不足
3)水分過多、あるいは不足
4)室温が低い

1)酸欠対策としては撹拌が必須です。
混ぜないと温度が上がるどころか腐っちゃいます。
生ゴミ入れなくても毎日撹拌ですよ〜。

2)栄養源として良いのは米ぬかや天ぷら油等。
油の場合は廃油50〜100ccくらいを入れてください。

あとご飯とか麺の残り物。
生の魚のあらもよく言われますがコバエが来ます。

使いやすいのは廃油>ご飯>米ぬか>あら。
米ぬか買うくらいなら廃油の方が楽です。

3)水分調節は大事。
多すぎると酸欠になります。
少なすぎると微生物が活動しません。

湿度は基材を握って塊になる程度が目安。

4)温度。
気温が15度以上の場所で行います。
初心者は春や初夏から始めましょう。

あと、始めた当初は分解しません。
微生物そのものが少ないですからね。
開始後2週間位で温度が上がります。

どうしても温度を上げたい場合。
ペットボトルにお湯を入れコンポストを温めます。

Sponsored Link

ダンボールコンポストで臭う原因は?

臭いの原因としてあげられるもの
1)ゴミの種類
2)酸欠
3)水分過多

1) ゴミの種類ですが、肉や魚は臭います。
タンパク質の量が多すぎても臭います。
基材にくん炭を使ったほうが臭いは抑えられます。
コーヒーやお茶の出がらしも消臭効果があります。

肉や魚で臭くなった場合はよく撹拌しましょう。
その後風通しの良い所に置きます。
数日で収まってくるはずです。

Sponsored Link

2) 撹拌が足りないと酸欠になります。
そうなると嫌気性菌が優勢になり臭います。
要するに腐敗の状態です。
とにかく毎日撹拌しましょう。

3) 水分過多でも酸欠状態になります。
生ゴミは三角コーナーに入れないようにします。
新聞紙などの上に置いてから投入するといいです。
お茶がらはよく水気を切ります。

水分過多は基材を足し撹拌回数を増やしてください。

とは言っても多少は臭いますけどね。
でも撹拌は効果ありますよ。
私は庭に埋めてますがかき混ぜたら臭い消えました。

ダンボールコンポストで虫がわく!対策は?

コンポストに湧くのは大抵アメリカミズアブかコバエ。
対策としては

1) カバーをして虫を入れない
2) 温度を上げる
3) 石灰を入れる

1) 基本はまず虫を入れない。
古いTシャツを利用して布カバー作るのもいいです。
一度入り込んで卵を産むと増えますからね。

箱の外側に虫の忌避剤を塗るのも一つの方法です。

2) 米ぬか等で温度を上げてやります。
夏場なら50〜60度まで上がることも。
ここまでやれば虫は生きられません。
週に一度くらいはやっておきましょう。

3) 石灰は防虫効果があります。
ただやりすぎると微生物にも良くない環境になります。

他に夏場だと白カビとダニが出ることがあります。
白カビはクワガタ飼っててもよく出ますね。
幼虫だと栄養になるので放置ですが。

コンポストの場合も大丈夫。
撹拌しておけば問題なし。

ダニはですね、これも放っておいていいですよ。
彼らも分解者ですから。
気になる場合は高温で殺しちゃいましょう。

ダンボールコンポストで失敗しない食材は?

発酵を促す食材。
脂肪、糖分、炭水化物、タンパク質。
つまり肉とか魚、ご飯、麺もの。
ただ肉類多いと臭くなりがちです。

他に納豆やヨーグルト。
そのものではなく、ケースをすすいだ水でOK。
米ぬかや廃油も多すぎなければ効果があります。

逆に柑橘系は殺菌作用があるのでNG。
玉葱やネギの皮も抗菌作用があります。
他に避けたほうがいいのが塩分です。
調理済みの食材や漬物、味噌汁は止めましょう。

他の野菜の皮や屑は大丈夫ですよ。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする