連鎖障害の原因は?対策方法は?輪作が効果的?

私は家庭菜園の初心者。
連作障害なんて知りませんでした。

同じ作物を続けて作るのはNGだったんですね。
茄子栽培の時初年はうまくいったのに翌年は散々。
今年なんか苗の時点で枯れましたからね。

要するにこれって同じ作物を育てちゃダメってこと?
じゃあ毎年違うの植えればいいのね〜。
と、思ったら話はそう簡単ではないようです。


スポンサーリンク

連鎖障害って何?どんなトラブルが起きるの?

連鎖障害は連作障害とも言います。
同じ作物を同じ場所で作り続けると起きます。
一番多いトラブルは病害虫のリスクの増大。
他に生育不良もあります。

植物というのは根から酸などを分泌します。
種類により根につく細菌も違います。
また大抵の虫は特定の植物を食べます。

つまり。
毎回同じ場所に同じ植物を植えると

1)土壌の酸性化
2)微生物の種類の単一化
3)害虫の増加

こういうことが起こります。
当然、野菜の生育が悪くなるわけです。
悪くなるどころか病気になって枯れます。

じゃあ自然の状態ではどうなの?って思いますよね。
考えてみてください。
特定の場所に単一の植物だけ生えてるってあります?
無いですよね。

自然の状態では特定の病気が流行ることはありません。

しかし完全放置ってわけには行きません。
野菜は雑草にあっという間に負けちゃいます。
下手すると駆逐されることも。
だからちゃんとした連鎖障害対策が必要なんです。

Sponsored Link

連鎖障害の対策は?どんな解決法があるの?

連鎖障害を引き起こす要因は
[colored_box color=”green” corner=”r”]●生物相の悪化(微生物が単一化される)
●物理性の悪化(土が固く通気性が悪い)
●化学性の悪化(養分のアンバランスや欠乏)[/colored_box]

これらを解決するためには
1)土壌の殺菌消毒
2)輪作する
3)コンパニオンプランツを植える
4)接木苗の利用
5)水耕栽培
6)堆肥などの有機物による土壌改良
等の対策方法があげられます。

Sponsored Link

土壌の殺菌方法は2種類あります。
薬品を使って消毒する方法と太陽熱です。
薬品は薬剤を散布します。

太陽熱の場合の手順は
1:土に石灰窒素を150g/1㎡、切り藁を3kg/1㎡混ぜる。
2:たっぷり潅水する。(水田状態にできれば理想的)
3:マルチングして乾燥させないようにして2週間放置。

太陽熱により消毒ができます。
その後マルチを取って乾燥させ耕せばOK。
行なう時期は梅雨明けが良いでしょう。

ただし、土壌殺菌は微生物対策。
いわば対症療法で根本的な対策とはなりません。
では根本的な対策はどうすればいいの?

連鎖障害の対策には輪作がいいって本当?(

そうです、連鎖障害の根本的な対策は輪作です。
ただ輪作は野菜の相性もあるので注意が必要です。
具体的な例でご紹介します。

例えばの畑を5つの畝で分けます。
1区でブロッコリーやキャベツ。
2区でインゲンや枝豆。
3区では春菊やほうれん草
4区では茄子やピーマン
5区では葉ネギやワケギを植えておきます。

1区で植えた作物は翌年に5区へ植えます。
5区のものは4区へ。
こうして毎年違うものをずらして植えていくのです。
最終的に最初の作物が同じ場所に戻るのに6年。

6年同じものを植えなければ連鎖障害は防げます。
マリーゴールド等コンパニオンプランツの混植もOK。
また接木苗を植えたほうが病気に強いです。

本当は水耕栽培がベストなんですが。
田んぼは毎年稲を植えても大丈夫ですよね?
でも家庭菜園で水耕栽培は難しいです。

また土壌改良も大切です。
毎年春には苦土石灰を入れて土壌を中和させます。
完熟堆肥も必要です。
こうすると微生物が豊富になり生育が良くなります。

まとめ

そういえば古代エジプトって豊かな土地でしたよね。
毎年ナイル川が氾濫して肥沃な土があったとか。
だから文明が発達して、しかも長続きしたんですね。

世界史見ているとそうなんですよね。
氾濫の無い土地の文明は結局衰退しているのです。
連鎖障害は文明の衰退にまで関わっていたのか。
深いなあ。

うちの庭も毎年水びだしになればいいのかな。
そしたら良い野菜がとれるかしら。
・・・違うか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする