トマトと相性の良い野菜は?コンパニオンプランツの植え方

私はトマトが大好きです。
特に中玉のミディトマトと言われるタイプが好きです。
そんなトマトですが。
どうやら一緒にバジルなどを植えるといいようです。
コンパニオンプランツって言うんですよね。
一緒に植えると害虫が付きづらいとか。
味が良くなるという話もあります。
あれ?でもトマトって水やりしない方がいいですよね。
バジルは水やらないとダメですよね。
バジルって本当にトマトのコンパニオンプランツ?

スポンサーリンク

コンパニオンプランツって何?トマトと相性の良いものは?

9-5 コンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは共栄作物のこと。
●一緒に植えると互いに成長を助ける
●一緒に植えると病害虫を抑制する
このようにメリットが大きい相性の良い組み合わせです。
実は科学的根拠に乏しい話も多いです。
基本的に経験から言われていますからね。
また薬物ほど即効性は無いです。
科学的に証明済なのはナス科×ネギ科の相性の良さ。
これはよく聞きます。
ナス科はトマト、ナス、ピーマン、ジャガイモ等。
逆に言うとナス科同士は相性が悪い。
同じ系統の作物植えると連作障害になります。
同じ害虫や病気にもかかりやすいです。
だからナス科はまとめて植えたり連作したりはNG。
まあ考えてみれば当然ですね。
同じ種類なら土壌の成分も限定されてしまいます。
特にトマトとジャガイモは相性の悪さで有名です。
ネギ科の植物はネギやニラ、玉ねぎですね。
これらの根につく菌はナス科の病原菌を退治します。
また独特の臭いで虫避け効果もあります。

スポンサーリンク

トマトのコンパニオンプランツの植え方は?

トマトを植える時にニラを一緒に植えます。
1)トマトの苗を植える際に大きめの穴を掘ります。
2)穴の底にニラの根を敷くようにして植えます。
3)その上にトマトの苗を植えます。
こうするとニラとトマトの根が絡み合います。
基本トマト1株にニラ2株の割合で植えます。
これで連作障害が防げますし生育が良くなります。
萎ちょう病、青古病、半身萎ちょう病を予防できます。
これらは全て連作によって起こりますからね。
ちなみにニラにつくアブラムシはトマトには付きません。
実際に環境科学総合研究所の実験でも確認済です。
https://shop.takii.co.jp/flower/bn/pdf/20080204.pdf
この方法は茄子×ニラでも使えます。
ピーマン×ニラとか、ジャガイモ×ニラとか。
ネギやニラを混植する方法は昔からあります。
栃木県のユウガオ産地でのネギとの混植は有名です。
200年以上前から同じ土壌で連作障害が無いそうです。
ネギやニラはコンパニオンプランツの定番ですね。
ただマメ科とはNG。
ネギが豆の根粒菌を遠ざけます。

スポンサーリンク

トマトって単独栽培は無理なの?バジルの効果は?

無理じゃないですよ。皆やっています。
コンパニオンプランツは絶対必要な訳じゃないです。
「これやったほうが何か調子いいよ」程度です。
実際、トマトって水やり過ぎたらダメなんですよ。
だから単独で栽培したほうが正直やりやすいです。
バジル一緒に植えると水やりに困ります。
だってバジルは水欲しがるし!
バジルは害虫の忌避効果があるそうです。
アブラムシとコナジラミ、ウリハムシやスズメガ等。
でも科学的根拠はどうなんでしょうね。
実際に育ててみると確かに虫は少ないですが。
トマトの風味が良くなるという説もあります。
これは正直違いが分かりません。
うちの場合は一緒のも単独のも変わりないような。
ただうちの家庭菜園小さいですからね。
規模が小さすぎるのかもしれません。
ただ、これだけは言えます。
トマトとバジルの料理は相性最高!
一緒に植えておけば収穫してすぐ食べられます。

スポンサーリンク

まとめ

うちの庭には虫が沢山います。
でも野菜は意外とやられていません。
アブラナ科はダメでしたが。
キャベツもブロッコリーもアオムシ天国。
でも他のはやられていなかったんですよ。
理由は庭がジャングルだったから。
単独じゃなくていろんな野菜がゴチャゴチャでした。
野良アスパラとか、野良ニラとか野良ネギとか。
ナチュラルにコンパニオンプランツ状態でしたね。
今度は意識的に色々植えてみようと思います。

コメント